2018年前半の記事はこちら。2017年の記事はこちら。2016年の記事はこちら。2015年の記事はこちら


2019年



青森から講師をお招きし、核燃サイクル問題と(沸騰水型の)新規立地問題について語っていただきます。


1月6日新年会


2018年

11月15日には、高松高裁での仮処分決定の交付があります

 伊方原発をとめる会さんでは、高松高裁前の行進と、1時〜の記者会見の後、報告集会を同日夕方松山へ戻ってきてコムズで開催します。

もちろん勝てば伊方3号炉は即日停止となります。
 ぜひお集まりください。

 

11月15日のツイキャス録画

高松高裁仮処分棄却決定

https://twitcasting.tv/togura04/movie/506807545

高松記者会見と集会

https://twitcasting.tv/togura04/movie/506821296

高松記者会見と集会2

https://twitcasting.tv/togura04/movie/506824172

高松記者会見と集会3

https://twitcasting.tv/togura04/movie/506827694

コムズ高松高裁仮処分報告集会1

https://twitcasting.tv/togura04/movie/506859252

コムズ高松高裁仮処分報告集会2

https://twitcasting.tv/togura04/movie/506864452


「今年の伊方集会は11月11日(日)」にありました。

              抗議文

 

四国電力株式会社 取締役社長 佐伯勇人 殿

 

 1027日深夜の伊方原発3号機の闇討ち再稼働に断固抗議する!

 先日の広島高裁異議審の仮処分破棄の不当決定、再稼働前日の広島地裁の仮処分申請の申し立てを却下した後、寸刻を惜しむかのような再稼働に心底からの怒りを禁じ得ない。

 社会通念上、原発事故の確率は無視できると決定に書かれているが、原発は万が一にも事故を起こしてはならないものだ。しかし、現実には、政府や規制委員会の言うように何万年に一度起こるか起こらないかという確率ではなく、わずか数十年の間に少なくとも三度破局的な事故を引き起こしている。

 さらに、社会通念を云々するのであれば、世界の潮流は脱原発であり、世論の過半数は原発反対である。原発賛成の立場であっても、ほとんどの人は 原発が危険だと 感じている。従って、社会通念上は原発は危険だから要らない、というのが事実であり、伊方原発3号機の再稼働が認められる道理は成り立たない。 ・・・

32回伊方集会&月例11日行動

https://twitcasting.tv/togura04/movie/505951167

32回伊方集会,各地報告

https://twitcasting.tv/togura04/movie/505972961

32回伊方集会,乾式貯蔵施設について

https://twitcasting.tv/togura04/movie/505987111

 


ダウンロード
2018伊方集会抗議文.pdf
PDFファイル 121.1 KB
ダウンロード
午後の第二部での配布資料。
伊方乾式貯蔵2.pdf
PDFファイル 4.4 MB

原発さよなら四国ネットワークでは毎年10月末に伊方集会を続けています

14年伊方集会で配布のチラシ
14年伊方集会で配布のチラシ
14年伊方集会で配布のチラシ裏
14年伊方集会で配布のチラシ裏

メールの受付け

原発さよなら四国ネットワーク

〒790-8691 郵便事業(株)松山支店私書箱151号

郵便振替 01650-4-41986 名義「原発さよならえひめネットワーク」



原発とめて!いのちが大事! 

フクシマという事故の実例のあとに、原発を再稼働させるというのは、倫理的な問題です。

もはや負けの見えた戦いをなおも続けようとする軍部の暴走を食い止めることができなかった戦時中とは違う「はず」です。
 「戦艦大和を特攻出撃させたのは、まさに当時の空気からしてやむをえなかった」(山本七平「空気の研究」より)というのと同じ、「空気の支配」をくり返させてはなりません。

  福島県と四国を同縮尺で並べてみました。愛媛県と高知県を合わせたくらいの面積が福島県でしょうか。

 両方の地図の海岸線の交差する位置が、それぞれ東電福島第一原発と伊方原発のある地点です。

 東電福島原発事故では放出された放射性物質の大半が西風により太平洋に出て行ったと言われていますが、四国は全土が伊方原発の、その西風の風下地域に当たります。

https://twitter.com/i/status/1111540957063725056 (AC日本さんのツイッター記事)

 

 早川由起夫氏作成のマップ

←nature誌の特集記事の図より。風下地域への放射性物質の移動が如何にダイナミックか、四国4県のエリアを如何に軽々と飛び越えていくかが、上の地図と比較すると分かります。