2017年前半の記事はこちら。2016年の記事はこちら。2015年の記事はこちら

2018年

11月15日には、高松高裁での仮処分決定の交付があります

 伊方原発をとめる会さんでは、高松高裁前の行進と、1時〜の記者会見の後、報告集会を同日夕方松山へ戻ってきてコムズで開催します。

もちろん勝てば伊方3号炉は即日停止となります。
 ぜひお集まりください。


「今年の伊方集会は11月11日(日)」にありました。

              抗議文

 

四国電力株式会社 取締役社長 佐伯勇人 殿

 

 1027日深夜の伊方原発3号機の闇討ち再稼働に断固抗議する!

 先日の広島高裁異議審の仮処分破棄の不当決定、再稼働前日の広島地裁の仮処分申請の申し立てを却下した後、寸刻を惜しむかのような再稼働に心底からの怒りを禁じ得ない。

 社会通念上、原発事故の確率は無視できると決定に書かれているが、原発は万が一にも事故を起こしてはならないものだ。しかし、現実には、政府や規制委員会の言うように何万年に一度起こるか起こらないかという確率ではなく、わずか数十年の間に少なくとも三度破局的な事故を引き起こしている。

 さらに、社会通念を云々するのであれば、世界の潮流は脱原発であり、世論の過半数は原発反対である。原発賛成の立場であっても、ほとんどの人は 原発が危険だと 感じている。従って、社会通念上は原発は危険だから要らない、というのが事実であり、伊方原発3号機の再稼働が認められる道理は成り立たない。 ・・・

32回伊方集会&月例11日行動

https://twitcasting.tv/togura04/movie/505951167

32回伊方集会,各地報告

https://twitcasting.tv/togura04/movie/505972961

32回伊方集会,乾式貯蔵施設について

https://twitcasting.tv/togura04/movie/505987111

 


ダウンロード
2018伊方集会抗議文.pdf
PDFファイル 121.1 KB
ダウンロード
午後の第二部での配布資料。
伊方乾式貯蔵2.pdf
PDFファイル 4.4 MB

広島の原戸さんが呼びかけているオンライン署名キャンペーン

 伊方原発再稼働ストップのオンライン署名に参加しよう「南海トラフ地震の危機が迫る中…

https://chn.ge/2PtfZoP


10月26日に広島地裁新仮処分の決定が異議審から一月遅れで出てきます

 広島高裁異議審での逆転敗訴を受けても、広島原告団が取り下げをしないと決めたもの。
 差し止め延長を認める仮処分の論理は、元の広島高裁仮処分そのものとも独立したものであるため、異議審決定に対しても独立した判断となるものです。
 差し止め処分について、もう一度(独立しているはずの)別の裁判官による司法判断が下されることで、いわゆる「社会通念」が通念ではさらさらないという問題に焦点が再び当たることになるでしょう。

書面、準備書面など(広島原告団HPへ)


暫定的に午前8時〜11時の時間帯が呼びかけられています。




 伊方3号機の10月27日の再稼働前に、反対の声を一つでも多く上げましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ツイキャス記録

伊方原発をとめる会集会@坊ちゃん広場
https://twitcasting.tv/togura04/movie/501505191
伊方原発をとめる会集会2
https://twitcasting.tv/togura04/movie/501506143
デモ
https://twitcasting.tv/togura04/movie/501514886


伊方差し止め裁判・仮処分の状況


9月28日の大分地裁決定でも住民側敗訴

全国弁護団事務局の菅波完さんのツイキャスをご確認ください。
https://ssl.twitcasting.tv/f:1228778343864728/show

 また28日には、同じく山口地裁岩国支部での審尋が最終回(結審のようなもの)となりました。年末まで?の高松高裁新決定に続いて来年3月末までに山口地裁岩国支部でも新たな決定が出ることが決まり、新たな決定ラッシュとなります。

大分裁判所前のプライベートビュー
https://twitcasting.tv/togura04/movie/496230984
山口地裁岩国支部の仮処分終結の記者会見
https://twitcasting.tv/togura04/movie/496232665


9月25日に広島高裁異議審が昨年12月の広島高裁決定を取消

広島高裁決定を取りに行く前
https://ssl.twitcasting.tv/togura04/movie/495592327

広島高裁異議審では運転差止取り消し、河合弁護士の話
https://ssl.twitcasting.tv/togura04/movie/495595419

56分から記者会見@弁護士会館
https://ssl.twitcasting.tv/togura04/movie/495599329#

 

全国弁護団事務局の菅波完さんのツイキャスもご確認ください。
https://ssl.twitcasting.tv/f:1228778343864728/show
 この
件では、広島裁判原告団声明が新たに出ています。10月3日付け。

 

原子力事業者と行政の意を迎え、昨年末、伊方原発3号機の運転差止を命じた広島高裁野々上裁判長の決定を、司法の矜恃とともにかなぐり捨てた軽蔑すべき行為に対し私たちは心の底から憤りを覚えます。

今回の仮処分は、人格権侵害による保全命令を訴えた事件であったにもかかわらず、最終的には憲法や法令に依らず、「社会通念」なるものを用いた判断でした。

最低限の原発の安全性を確保するために定められている規制基準の内規を無視して、「伊方原発から130kmの阿蘇山の過去最大の噴火による火砕流が伊方原発敷地に到達していないと判断することはできない」と認めながら伊方原発の運転を容認しているのです。

被爆地ヒロシマから「核の平和利用」として、そしてかつての伊方原発訴訟から「万が一にも日本の原発は過酷事故を起こさない」「放射能は5重の壁で閉じ込めて出さない」という宣伝とともに、原発安全神話がつくられていきました。そして今また、「原発を運用している間は、巨大噴火は起こらない」という新たな神話がつくられようとしています。

現在、4県の仮処分が伊方原発を包囲しています。裁判所の前で「司法は生きていた」の垂れ幕を見る日が必ず来ます。私たちはその日まで仮処分の戦いをヒロシマにおいて継続します。

広島裁判事務局より
---
← ▽御案内チラシ「司法が歴史に裁かれる」
http://saiban.hiroshima-net.org/pdf/Xday_201809.pdf
▽御案内チラシ解説文
http://saiban.hiroshima-net.org/pdf/20180917_kaisetu.pdf
四国電力の異議申立に対して
広島高裁の決定内容と理由にご注目ください。
宜しくお願い致します。

---

原発司法は歴史に断罪される―チラシ解説

 

政府の意向を忖度する日本の司法

「原発司法」とは聞き慣れない言葉ですが、原発裁判に係わる裁判所や裁判官たちのことを指します。東電福島第一原発以降、原発司法には一定の反省が生まれました。福島原発事故を生んだ一因は「原発司法」の無批判な、政府・経産省・電力事業者の追従判決や追従決定にあったのではないかという反省です。2015年5月関西電力高浜原発の運転差止を命じた当時の福井地裁の樋口英明裁判長の判断も、2016年3月10日大津地裁で高浜原発34号機の運転差止命令を出した山本善彦裁判長も同様の反省の上に立っていたということがいえましょう。

 また2017年12月、私たちが提訴した訴えで、広島市からもっとも近い四国電力伊方原発3号機の運転を、18年9月30日までという期限付きながら、差し止める命令を出した広島高裁の野々上友之裁判長も同じ思いであったことはまず間違いありません。

 

 18年9月25日に広島高裁から異議審決定が

 伊方3号機運転を差し止められた四国電力は、この高裁決定(裁判長の名前をとって野々上決定)に対して異議を申し立てました。こうして広島高裁で野々上決定に対する異議審が開始されました。担当の裁判長は京都地裁からやってきた三木昌之裁判官です。すでに私たちには三木裁判長の決定がどのようなものになるか想像がついています。それは政府・経産省や原子力事業者の意向を忖度したかのような、四国電力の言い分を全面的に認めた決定です。まるで福島原発事故などなかったかのような決定でしょう。

日本国憲法第76条に謳う「すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。」のではなく、権力者の意向を忖度したような司法の判断が、広島高裁から下されることは確実です。

このような司法のありかたに、私たちは監視と批判の目をしっかり向けておく必要があります。「世の中はそんなものさ」と、「ものわかりよく」諦めるわけにはいきません。

みなさん、9月25日に出される四国電力伊方原発3号機仮処分広島高裁異議審の決定とその内容にご注目ください。そして今後、共に司法・裁判所の在り方に注意を払ってください。司法が政治権力の婢であってはなりません。

 

 

                    方原発広島裁判原告団事務局


https://togetter.com/li/1027808 伊方原発運転差し止めのための4つの仮処分・本訴の紹介(ツイッター情報を束ねたもの)

 間近な次回の会合に★マークをつけておきます。末尾には(あるものは)チラシを添付。

仮処分の場合、本訴における「口頭弁論」とは異なり、傍聴ができない非公開の「審尋」が開かれます。なので終了後に原告団が記者会見、報告集会などで補う形となります。

 

1.松山地裁 仮処分)17/7月21日却下決定→1’へ
      本訴) ? 仮処分が終わったのでそのうち復活するはずです。 
1’高松高裁 仮処分抗告審)17/11/16 18/2/13 6/5第3回審尋(岡村、長沢両氏の参考人審尋) 7/18最終回審尋 ★決定予定(10〜12月?の予定)

  
2.広島地裁 仮処分)17/3/30却下決定→2’へ
      本訴) 17/11/8 18/1/31 3/26 6/18 8/6 11/14第13回口頭弁論

2'広島高裁 仮処分抗告審)17/4/13申立 12/13勝利決定「18/9/30まで運転差し止め」→2’’と2’’’へ

2’’広島高裁 異議審) 四電申立17/12/21 18/4/23第1回審尋 7/4第2回審尋→★裁判体への忌避申立て後、7/13却下、7/20最高裁へ特別抗告 9/3最高裁は忌避申立棄却 ★9/25決定交付で逆転取消 →2’’’へ

( ◆伊方原発広島裁判プレスリリースNo.74No.074「広島高裁異議審裁判官忌避申立、3日最高裁却下決定」

 

2’’’広島地裁 新仮処分)5/18申立 運転差し止め期間延長を求める  6/14進行協議 8/3審尋(最終回) ★10/26決定予定

    

3.大分地裁 仮処分)16/6/28申立 17/12/20 18/3/1 5/24第12回審尋(最終回) 9/28却下の決定 ★即時抗告 → 3’へ

      本訴) 17/10/11 12/7 18/3/1 5/24 7/26 11/1 

3’福岡高裁 仮処分抗告審

    

4.山口地裁岩国支部
      仮処分)17/12/15 18/2/8ー中止、体調不良につき裁判長が交代 4/19 7/13第6回審尋(小松氏証人尋問) 9/28第7回審尋(最終回) 年度末までに決定予定

      本訴) 17/12/27申立174名原告(18/1/20原告団結成総会) 6/22第1回口頭弁論 ★10/26第2回口頭弁論

 

広島裁判事務局による4つの仮処分・本訴包囲網の解説
伊方原発運転阻止瀬戸内包囲網マップ解説PDF 


 16日の東京で開かれたさよなら原発全国集会の分科会その2(連合会館)で、伊方原発の乾式貯蔵問題について短い情勢報告を出しています。

討論の様子はこちらのツイキャスでご確認ください。

原発のゴミ問題分科会1

 

原発のゴミ問題分科会2

ダウンロード
伊方乾式貯蔵.pdf
PDFファイル 3.6 MB

日:場 9月30日 八幡浜市民スポーツセンターの蓮池徹氏の講演会は中止です。

 ※講師来県の飛行機が欠航になりました。

9月30日に、広島高裁が決めた伊方原発3号機の運転差し止め命令の期限がやって来ます。裁判闘争で日程は変わる可能性もありますが、まずは差し止め期限のこの30日に、反対の集会を全国に呼びかけて集まっていただきます。再稼働直前だった16年の7.24集会をイメージしていただければと思います。

みなさま

伊方原発再稼働反対現地全国集会ですが、台風24号がちょうど周回の時間に四国に直撃しそうです。
広島高裁による仮処分決定の取り消し!今日は大分地裁による仮処分申請却下!どちらも司法としての役割を放棄した不当な決定です。
この二つの決定を受けて、このまま集会中止はできないという現地の怒りに応えて集会は時間、規模を縮小して強行することとしました。
とは言え相当な交通の乱れが予想されますので遠方の方はどうぞ中止してください。安全?にこれるものだけで抗議行動を行います。
全国各地からご参加の連絡をいただいていたのですが残念です。
参加か可能と判断される方はどうぞ予定通り13:30にきらら館前にお集まりください。短時間の抗議行動の後八幡浜の体育館に移動します。
大規模な準備をしませんので11時に集合する必要がなくなりました。13:30にお集まりください。

くれぐれもご無理のない範囲でお集まりください。

きらら館前
https://twitcasting.tv/togura04/movie/496720152

伊方ゲート前抗議
https://twitcasting.tv/togura04/movie/496723401

八幡浜スポーツセンターで臨時ミーティングのさわりだけ。 
https://twitcasting.tv/togura04/movie/496735577



9月の11日には全国の宗教者・市民の団体である「原子力行政を問い直す宗教者の会」が松山で全国集会を開催します。松山の方は松山へ、南予の方は八幡浜で交流の機会がありますのでぜひどうぞ。


10月10日、四国電力は伊方2号機の廃止措置計画認可申請書を国に提出しました。この中で、2号機の使用済み燃料の行方は、新たに計画する乾式貯蔵施設も含めた3経路が指定されています。

四電プレスリリース


9月1日八幡浜、2日松山で乾式貯蔵施設に関する長沢先生の講演会を伊方原発をとめる会さんが企画しています。チラシ


ダウンロード
仙波敏郎さんの話しを聞く会in松山 (5) (5).pdf
PDFファイル 286.2 KB

”「原発があっては、安心して暮らすことができない!」という思いで、市民が行なった伊方現地行動(16年夏)に対し、愛媛県警は『警備』という名の弾圧を行いました。「それを許してはいけない!」という思いで、原発さよなら四国ネットワー クは県警に対し、異常警備の決定過程と費用などの、情報公開請求をしまし た。

しかし県警が出してきた通知書は、ほとんど真っ黒黒の”のり弁”だったため、私たちは不服審査請求を行いました。それに対し県警は「黒塗りは適法、正当な処分である。」という弁明書を出してきました。…”

 市民と民主警察との関係いかにあるべきか、という話などを、現職警察官時代に警察の裏金問題で内部告発を行った仙波さんに伺います。

 

会のツイキャス録画
36
分から仙波敏郎さんの話

https://twitcasting.tv/togura04/movie/481409054

仙波敏郎さんの話2

https://twitcasting.tv/togura04/movie/481423286

仙波敏郎さんの話その3

https://twitcasting.tv/togura04/movie/481429395

 

 

以下に資料として、警備の様子のプレゼンと、経過表と、情報開示された黒塗り資料を紹介します。

ダウンロード
これまでの情報公開請求、不服審査請求の経過紹介。
経過表.pdf
PDFファイル 127.2 KB
ダウンロード
県警組織図/警察署の仕事内容/警察法抜粋/公益通報者保護法抜粋
改訂版−愛媛県警資料.pdf
PDFファイル 159.4 KB
ダウンロード
県警-警備検討準備室-準第167号.pdf
PDFファイル 1.8 MB
ダウンロード
県警-警備実施計画-準第166号.pdf
PDFファイル 900.7 KB
ダウンロード
県警-公安委員会-準第168号.pdf
PDFファイル 1.0 MB


講演会を開きます、伊方敷地内の乾式貯蔵施設新設問題を県内に広げたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 


中間貯蔵の問題点(
Youtube動画)

https://youtu.be/v7vhkiEZfbg

ツイキャス録画

伊方原発乾式貯蔵計画を学ぶ1

https://twitcasting.tv/togura04/movie/476627524

伊方原発乾式貯蔵計画を学ぶ2

https://twitcasting.tv/togura04/movie/476639352

伊方原発乾式貯蔵計画を学ぶ3

https://twitcasting.tv/togura04/movie/476645498

 

 6月県議会に、「伊方原発の使用済み燃料の乾式貯蔵施設を伊方原発敷地内に作る四国電力の計画を見直させるよう県知事に求める」請願を武井多佳子、田中克彦、石川稔県議の紹介議員で提出しました。

 趣旨:

 昨年 12 月の伊方原発運転差し止めの広島高裁仮処分決定における論拠として、伊方原発は阿蘇カルデラの巨大噴火時に火砕流が到達する可能性が充分低いとは言えず、立地不適であることが指摘されています。火砕流が到達する可能性のあるこの土地を、最長 500 年にも及ぶ可能性のある保管地として今なしくずしで決めてしまうのは、後世に無責任の誹りを免れません。火砕流に耐える地上建築物を設計することは不可能でしょう。

 

 国の現行の第四次エネルギー基本計画の中で、貯蔵施設の立地については「発電所の敷地内外を問わず、新たな地点の可能性を幅広く検討しながら、中間貯蔵施設や乾式貯蔵施設等の建設・活用を促進する...」とあります。

しかし四国電力はこの「新たな地点の可能性について幅広い検討を行った」形跡がありませ ん。

愛媛県知事は、関西電力の地元福井県の西川知事が発言したように、中間貯蔵施設の県外設置を強硬に主張する権限を持っているはずです。

 

 伊方原発の使用済み燃料の乾式貯蔵施設を、伊方原発敷地内に設置する四国電力の計画を見直させるよう愛媛県知事に求めて下さい。

ダウンロード
県議会請願18年6月その2.pdf
PDFファイル 282.7 KB


伊方原発2号機 廃炉へ進む

3月27日、伊方原発2号炉が廃炉となることが決まりました。
当団体として、↓プレスリリースを出しました。(別紙部分は、首長宛の請願書と同じものです。)

 

 

 愛媛新聞さんでは、この中のさわりの部分だけを取り上げて、
”原発さよなら四国ネットワーク(松山市)は「廃炉を求める大多数の地域住民の声が受け入れられ喜びたい」とコメントした。”
と28日付けの各市民団体訴訟団の反応についての記事の中に取り上げています。どうも争点を取り上げ世論喚起をするというマスコミとしての使命感に欠けているようです。後日にはゼヒ取り上げてね。

ダウンロード
「伊方原発2号機の廃炉決定を受けて」プレスリリース
プレスリリース1803.pdf
PDFファイル 48.3 KB

3月の自治体議会が始まる前に南予30km圏内自治体の危機管理担当部局向けに要請文と質問事項を持ってキャラバンをしているZENKOさんたちと一緒に私たちも廻りました。そこで←こんな内容の要請書を、市長町長に宛てたものを提出しています。

2月26日 宇和島市、西予市、八幡浜市、伊方町

3月8日 大洲市、内子町

3月9日 伊予市

ダウンロード
首長宛の請願書
申し入れ書ではなく憲法上の請願権に基づく請願という形の書類にしています。一般的には議会向けに出すのが請願書、と理解されているようですが、首長宛にも同じ様式(日時、請願者の住所氏名印鑑等を書く)で受け取って、誠実に対応する、という責務があるものとなります。(愛媛県庁の場合は、通常の申入書もこの形式の請願書も同様な内容物として受け取っており、「誠実に」何も対応しないというのが標準となっていますが。)
市町請願3002.pdf
PDFファイル 235.2 KB

再・再稼動直前現地抗議集会の予定が、勝利を確認する集会となりました

 福島県大熊町の「木幡ますみ」町議にお越しいただくのに、チラシのお名前を間違えてしまっています。大変失礼しました。

21日朝には、一部時間修正しました。

朝9時〜10時 伊方原発ゲート前

10時半〜午後0時半頃まで 伊方町内街宣

決議文

 温暖で自然の恵み豊かな私達の故郷、世界に誇れるかけがえのない故郷だ。しかしこの故郷には決して誇ることができないものが一つある。言うまでもない伊方原発である。四国電力は国策の名のもとに騙し、奪い、そして強引に用地を買収して原発を建設し、稼働させてきた。私たち地域住民は一度としてそれを認めなかったにも拘わらずである。

 収まることのない原発反対の声に押されて、昨年末に広島高裁は伊方原発3号機の運転を差止る決定を下した。これは「廃炉」の声をあげ続けてきた私たちの成果である。しかし、四国電力はこの決定に異議申し立てを行い、「不退転の決意で再再稼働を行う」と抵抗している。

 これに対し私たちは、粘り強い闘いの歴史と先人たちの強靭な意志を引き継ぎ、この故郷に生きる全ての生命の声を背負い、地域住民のみならず原発反対の全ての仲間達の総力を結集して、伊方原発の全機廃炉、脱原発社会を実現するまで全身全霊を挙げて断固闘い抜くことを表明する。

 

 原発をとめる。私たちは止まらない。



1月13日の街宣では、二つ折りの←に挟んで昨年のチラシの在庫一掃配布を行いました。
この「げんさよ福袋」は50部印刷したものが全部捌けて、追加30部くらいはチラシホッチキス止めで撒きました。

 街の人たちの受け取りはとても良かったと思います。


2017年


 広島裁判事務局のメルマガ18年1月1日号には、12月13日の記者会見の発言を使っての解説が掲載されています。

 同メルマガ12月17日号には、<広島高裁仮処分決定特集号>として伊方3号仮処分:広島高裁抗告審決定(野々上決定)の歴史的意義を解説しています。こちらもご覧下さい。

広島高裁(野々上友之裁判長)は高裁初の原発差し止め決定でした。

伊方原発3号機は、18年9月30日まで運転差し止めとなりました。

広島裁判の会HP

決定文、要旨はこちら

 
ツイキャス集
deaeteyokkatanaさんのツイキャス 8分20秒
広島弁護士会館で高裁の決定待ちから行進
広島高裁伊方3号止める仮処分公表
勝訴後の弁護団入場
記者会見

記者会見&その後の報告集会

広島高裁の抗告審決定が出るXディが12月13日午後1時半と決まりました。(審尋は9/13に終了)

 

トゥギャッターまとめをどうぞ。

「伊方原発運転差し止めのための「4」つの仮処分・本訴の紹介」
https://togetter.com/li/1027808

1.松山地裁 仮処分)16/11/2審尋終了 7月21日却下決定
      本訴) ?
1’高松高裁 仮処分抗告審)11/16 18/2/13 5/16
2.広島地裁 仮処分)16/9/20審尋終了 3/30却下の決定 
      本訴) 4/19 7/5 9/13 11/8 18/1/31
2'広島高裁 仮処分抗告審)17/4/13申立 7/12 9/13
      12/13予定
3.大分地裁 仮処分)5/11 7/20 10/11 次回もあります
      本訴) 5/11 7/20 10/11 12/7
4.山口地裁岩国支部
      仮処分)6/23 8/10 10/19 12/15 18/2/8(中止となりました) 4/19 7回で終了

      本訴) 


高松大集会の写真集はこちら。

Youtube動画

12月11日高松で四電本店申し入れ前アピール
https://youtu.be/5LizuDcwpj0

12月11日 申入れ後のアピール
https://youtu.be/cuKwybvWHXA


ツイキャス録画
12/10
高松大集会1 プレ音楽など 47分からげんさよ楽団
https://twitcasting.tv/togura04/movie/425094601
高松大集会2 10分30秒あたりから近藤亨子さんのアピール デモ出発まで
https://twitcasting.tv/togura04/movie/425105848
高松大集会3 デモ風景
https://twitcasting.tv/togura04/movie/425122823
高松大集会4 続き
https://twitcasting.tv/togura04/movie/425128545
高松大集会5 デモ終点瓦町駅前アピール 6分30秒あたりから大野恭子さん
https://twitcasting.tv/togura04/movie/425135912

12/11
高松四電本店前廃炉コール1
https://twitcasting.tv/togura04/movie/425331856

 この後、中に入る予定でしたが、2年前には中で撮影までできましたが、今回は、録画をお断りされましたので中での撮影はありません。
高松四電本店前廃炉コール2
https://twitcasting.tv/togura04/movie/425335689
 代わりにこちらは地面に起きっぱなしで撮ったものです。途中で切れていますが、げんさよ楽団唱っています。

12.10高松大集会の詳細は、脱原発アクションin香川による特設ページをご覧ください。



ダウンロード
12月県議会(11/27〜12/13)に請願を提出いたしました。
神戸製鋼と三菱マテリアルのデータ偽装問題で、四国電力に徹底調査を求める趣旨の請願を、田中克彦県議、武井多佳子県議、村上要県議に紹介議員になっていただき、12月1日締め切り間際に提出しました。
平成29年12月請願※.pdf
PDFファイル 50.8 KB


10.21高松集会延期のお知らせとお詫び

 

 昨年8月に5年3ヶ月ぶりに再稼働を強行した伊方原発3号機を、一刻も早く停止させ、廃炉にするために日々運動をしてきましたが、残念ながらここまで止めることはできずにきました。広島、松山で闘われた仮処分申請も司法が司法としての役割を放棄した不当な決定でした。

 

 しかし、伊方3号機は10月3日に定期点検に入ります。裁判で止まろうが、定期点検で止まろうが、原発が停止することには変わりがありません。私たち四国4県の市民団体は、この機に伊方3号機を再再稼働させないために、四国電力本店のある香川県高松市で全国集会を計画し、準備を進めてきていました。多くの団体や個人の方々にも賛同をいただき、集会の成功と伊方原発廃炉のための大きな一歩に確信を持っていました。その矢先に安倍政権が自らの不正追及をかわすために、28日召集の衆議院を冒頭解散するという可能性が出てきました。不正を隠すために解散するなど前代未聞の暴挙によって、私たち市民の行動を変更するなど絶対に認めることのできないことであり、腑が煮え繰り返る思いです。しかしながらより広範な運動をつくり、原発のない社会をつくるためには延期することがよりプラスであると判断しました。

 

 

 多くの方々がこの日を予定し、準備をしてくださっているところで、多大なご迷惑をおかけすることを心からお詫び申し上げます。状況をご理解いただき、予定しています12月10日の高松集会に、ご参加いただきますようよろしくお願いいたします。

 

  脱原発アクションin香川     原発さよなら四国ネットワーク 

 

グリーン市民ネットワーク高知  脱原発市民運動ネットワーク徳島


集会決議文         20171111

31回伊方集会参加者一同

 チェルノブイリの苛酷事故から31年が過ぎ、福島第一の過酷事故から6年以上が過ぎたが、その収束はついてはいない。原発事故が如何に悲惨であるかは証明されているにも拘わらず、昨年8月12日、地域住民の反対の意思を踏みにじり、伊方原発3号機の再稼働が行わ れた。そして、はや一年が過ぎ、今年10月3日に定期検査に入った。さらに、来年1月下旬に四国電力は、伊方原発3号機の再再稼働に踏み切ろうとしている。
しかし、私達地域住民はこれを容認してはいない。 そもそも地域住民は伊方原発の建設から稼働、さらには再稼働に際して、一度としてこれを容認したことはない。原発は地域社会の発展を促進すると言いながら、この地域は人口の流出が止まらず過疎化が進み、地域社会は衰退の一途を辿っている。過去の事故が示すように原発は、地域社会を壊滅させる迷惑施設でしかない。さらに、事故が起こらなくとも夥しい放射能を自然界に放出し、全ての生命の生存権を脅かすのみならず、膨大な温排水を海に放出し、海水中の夥しい数の生命を奪い、また世界有数の豊かな生態系を持つ瀬戸内海を汚染しながらでないと稼働できない、言葉では表しきれない犯罪施設である。この故郷のかけがえのない自然環境は、この広い宇宙の神秘、 奇跡ともいうべき賜物である。また、長い生命の歴史の中で数多の生物の努力と営みによって形成され、さらには長い歴史を通して先祖代々の不断の努力により培われた、かけがえのない結晶というべきものである。全ての生命にとってかけがえのない故郷の自然環境を、一営利企業に過ぎない四国電力の利益追求のために、汚し、破壊することは、断じて許されるものではない。 原発がなくとも電気は足りている。 原発以外の発電技術はいくらでもある。私達は、夥しい生命を奪い、全ての生命の生存権を脅かしながらでなければ存在できない原発を、絶対に認めない。そんな危険な電気は要らない。従って伊方原発3号機の再再稼働は決して認めない。
2号機の60年への稼働延長も認められるものではない。近い将来必ず起こるであろう南海トラフ巨大地震も、中央構造線由来の巨大地震も、いつどこでどれ位の規模で起きるか決して予知することはできない 。人間の力、科学技術の力を過信してはならない。自然界の大いなる力は人知を遥かに超えていることを、謙虚に知るべきである。地震等の自然災害を止めることは決してできない。しかし、電気の足りている現在、原発は止められる。次なる自然災害に襲われる前に伊方原発全機を廃炉にしなければ、この地域は全ての生命の住めない土地になってしまう。それだけは絶対に許されるものではない。
よって私達は、かつて西の伊方、東の柏崎刈羽と言われた激しい反対闘争を闘って来られた先人達の遺志を引き継ぎ、全ての生命の声なき声を背負って、伊方原発反対、全機廃炉を実現するため闘い続け、原発のない社会を切り開かなければならない。そのために、今ここに集いし仲間のみならず、原発のない社会を望む様々な運動、各地で闘う全ての仲間達と連帯を強め、伊方原発のみならず、これから進められる全ての原発の再稼働反対、稼働延長や新設断固阻止、そして全ての原発の廃炉を勝ち取るまで、闘い抜くことをここに表明する。    



原発さよなら四国ネットワークでは毎年10月末に伊方集会を続けています

14年伊方集会で配布のチラシ
14年伊方集会で配布のチラシ
14年伊方集会で配布のチラシ裏
14年伊方集会で配布のチラシ裏

メールの受付け

原発さよなら四国ネットワーク

〒790-8691 郵便事業(株)松山支店私書箱151号

郵便振替 01650-4-41986 名義「原発さよならえひめネットワーク」



原発とめて!いのちが大事! 

フクシマという事故の実例のあとに、原発を再稼働させるというのは、倫理的な問題です。

もはや負けの見えた戦いをなおも続けようとする軍部の暴走を食い止めることができなかった戦時中とは違う「はず」です。
 「戦艦大和を特攻出撃させたのは、まさに当時の空気からしてやむをえなかった」(山本七平「空気の研究」より)というのと同じ、「空気の支配」をくり返させてはなりません。

  福島県と四国を同縮尺で並べてみました。愛媛県と高知県を合わせたくらいの面積が福島県でしょうか。

 両方の地図の海岸線の交差する位置が、それぞれ東電福島第一原発と伊方原発のある地点です。

 東電福島原発事故では放出された放射性物質の大半が西風により太平洋に出て行ったと言われていますが、四国は全土が伊方原発の、その西風の風下地域に当たります。

 早川由起夫氏作成のマップ

←nature誌の特集記事の図より。風下地域への放射性物質の移動が如何にダイナミックか、四国4県のエリアを如何に軽々と飛び越えていくかが、上の地図と比較すると分かります。